日商簿記1級を取り計算マスター【計算の鬼になりテキパキ仕事】

学生

狭き門

学生

独学で勉強をするということはかなりの勉強量が必要となります。特に、日商簿記1級は難しい資格として有名で、多くの方が独学ではなく専門学校や通信講座を利用して勉強しています。
日商簿記1級がなぜ難しいかというと、かなりの広範囲の勉強をしなくてはならないからです。例えば、今まで簿記の勉強をしたことが無い方は800時間ほどの時間を使わなければ、試験に受かる事が難しいと言われています。
また、日商簿記1級は合格率がとても低く、10パーセント有るか無いかと言われるほど狭き門となっているのです。ですが、この資格を取ることで様々なメリットを受けることが出来ます。
例えば、税理士試験の受験資格を得ることが出来ます。税理士とは国家資格が必要な仕事で一度資格を取ってしまえば、安泰だと言われている職業の一つです。仕事内容も依頼を受けて税の計算をすることになるので、自営業でも行うことが出来る仕事になっています。

日商簿記1級は独学で勉強することが難しいため、多くの方が通信講座などを利用して勉強しています。通信講座を利用まで取る方が多いこの資格は、就職の際にもかなり有利なステータスの一つとなります。
また、中小企業に就職を考えているのであれば、いきなり管理職に付くことも出来るほどの資格なのです。そのため、多くの社会人の方が時間を惜しんで勉強をしています。このように、様々なメリットがあるので難しくても勉強をして、資格を取ろうと努力をしている人が大勢いるのです。